ラフロイグ | ウェブ通販ショッピング

ラフロイグ | ウェブ通販ショッピング

お買い得通販商品を多数取り揃えています。

ウェブ通販ショッピング > ラフロイグ
現在のページ:1 総ページ数:60 総商品数:535
  次のページ

3,760円
酒類の総合専門店 フェリシティー
ラフロイグ蒸留所の創設は、1815年。創業者のドラルド・ジョンストンは、優れた蒸留業者の家系に生まれ、弟と共に、この地で蒸留を開始しました。この頃のウイスキーづくりは密造の全盛期。人目のつかない岩影でピートのきいたモルトを醸し、小さな蒸留器で蒸留し、座礁の危険を顧みず小舟で英国本土まで密輸していました。そのモルトは、霧の孤島を想わせる甘美なスモーキーフレーバーの故に人気だっといいます。1823年の...
3,760円
リカオー
【ご注文前に必ずお読みください】 こちらの商品は40度700mlがなくなり次第、40度750mlに切り替わります。お選びいただくことはできませんので予めご了承ください。 LAPHROAIG 10 YEARS 1815年にアイラ島南部の浜辺に建設された蒸留所で造られる"広い入り江の美しい窪地"という意味を持つモルトスコッチ。 力強いスモーキーフレーバーと爽やかなピ...
3,809円
酒類の総合専門店 フェリシティー
ラフロイグ蒸留所の創設は、1815年。創業者のドラルド・ジョンストンは、優れた蒸留業者の家系に生まれ、弟と共に、この地で蒸留を開始しました。この頃のウイスキーづくりは密造の全盛期。人目のつかない岩影でピートのきいたモルトを醸し、小さな蒸留器で蒸留し、座礁の危険を顧みず小舟で英国本土まで密輸していました。そのモルトは、霧の孤島を想わせる甘美なスモーキーフレーバーの故に人気だっといいます。1823年の...
4,332円
洋酒ワインお酒大型専門店 河内屋
※購入履歴からのキャンセル及び修正について 当店では楽天APIにより在庫管理されているため、ご注文のタイミングによって、お客様自身での購入履歴からのキャンセル、修正を受け付けることができませんので再度、ご注文内容に間違いがないことをご確認の上、決済されることをお勧めいたします。アイラ島の職人手づくりのピートのきいた麦芽から生まれたシングルモルト。クォーターカスクは19世紀、馬の運搬用の樽として利用...
3,768円
ウイスキー専門店 WHISKY LIFE
アイラ島でつくられるモルトは、総じてスモーキーで海藻や潮の香の特性を抱いているが、「ラフロイグ」はスモーキー・アイラの象徴でありつづけています。薬品を想わせるヨード様の独特な香りに、味わいはオイリーで濃厚、やや塩っぽくてドライな後味といった強烈な個性があり、昔から“惚れ込むか、大嫌いになるかのどちらか”と評されてきた。“アイラモルトの王”とさえ呼ばれ、世界で最も愛されているアイラモルトである。「ラ...
4,840円
酒類の総合専門店 フェリシティー
ラフロイグ蒸留所の創設は、1815年。創業者のドラルド・ジョンストンは、優れた蒸留業者の家系に生まれ、弟と共に、この地で蒸留を開始しました。この頃のウイスキーづくりは密造の全盛期。人目のつかない岩影でピートのきいたモルトを醸し、小さな蒸留器で蒸留し、座礁の危険を顧みず小舟で英国本土まで密輸していました。そのモルトは、霧の孤島を想わせる甘美なスモーキーフレーバーの故に人気だっといいます。1823年の...
9,167円
ウイスキー専門店 WHISKY LIFE
ウイスキー愛飲家が憧れるシングルモルトの聖地”アイラ”。淡路島ほどの大きさのアイラ島にはボウモア・ラフロイグ・ラガヴーリンなど世界中のモルトファンが熱視線を送る蒸溜所が密集しています。そのほとんどが海沿いに位置しており、何年間も海沿いで眠り続けたアイラのウイスキーは”潮っぽい”とうたわれる魅力的な味に育っているのです。麦芽を乾燥させる工程でピートを焚きこむことが多いアイラモルトは「ピーティ」と表現...
4,070円
輸入酒のかめや
 ウイスキー 酒 通販 人気商品 最安値に挑戦中! ラフロイグとは、広い入り江の美しい窪地の意。 蒸留所は、1815年、ジョンストン兄弟によって、アイラ島南部の浜辺に建設された。 近くで採掘されるピート炭は、夏期、涼しい海風で乾燥させる。 これを燃やして大麦麦芽を乾燥させるため、モルトには海の匂いと強烈なスモーキー・フレーバーがしみ込む。 蒸留所では、現在、使用する麦芽の3割程度を自家製麦芽でまか...
3,575円
酒類の総合専門店 フェリシティー
ラフロイグ蒸留所の創設は、1815年。創業者のドラルド・ジョンストンは、優れた蒸留業者の家系に生まれ、弟と共に、この地で蒸留を開始しました。この頃のウイスキーづくりは密造の全盛期。人目のつかない岩影でピートのきいたモルトを醸し、小さな蒸留器で蒸留し、座礁の危険を顧みず小舟で英国本土まで密輸していました。そのモルトは、霧の孤島を想わせる甘美なスモーキーフレーバーの故に人気だっといいます。1823年の...

楽天ウェブサービスセンター

  • SEOブログパーツ
seo great banner