逆流性食道炎

逆流性食道炎

代表的な自覚症状とその治療法について

ウェブ通販ショッピング > 逆流性食道炎

逆流性食道炎 症状

代表的な自覚症状には以下の3つがあります。

【1】胸やけ
【2】呑酸(胃液が口や喉まで込み上げてくる)
【3】つかえ感

そして常日頃から症状として次のようなお悩みがある方は、逆流性食道炎の可能性があります。

●食事のたびに、胃もたれや胸やけを起こしてしまう
●突然、苦い水がこみ上げ「オェ」とえずく事が多くなった
●いつも炭酸飲料を飲み過ぎた時の様な、お腹の膨張感がある
●寝ている時、気持ち悪くて起きてしまい熟睡できない
●胃酸が逆流するせいで、口臭が気になって仕方がない

逆流性食道炎 原因

3つの条件が重なる事で引き起こされてます。

●胃が元気で、胃液をたくさんつくれること
●胃液の逆流を防ぐはたらきに異常がある
●食道から胃へ食べ物を運ぶ機能に障害がある

特に2つ目の胃液の逆流を防ぐはたらきの異常(下部食道括約筋部の障害)が、逆流性食道炎を起こすいちばんの原因だと考えられています。

これは下部食道括約筋部のしまりが緩くなってしまうことで、特に高齢者の方に増えています。加齢が理由となることが多く、単に胃酸を抑えたり中和するだけではなかなか病状を押さえにくくなっています。

逆流性食道炎 治療

一般的に、胃液の中の胃酸を減らす薬で治療していきます。胃酸が減ると、胃液が逆流しても食道が傷つきにくくなるので、十分な量の薬を飲んでいれば、少しずつ炎症が改善されていきます。ただし、服用だけでは逆流を防ぐ機能を完全にもとに戻すわけではないので、薬をやめると再び症状があらわれることが非常に多いです。

ですので、ストレス、肥満、食生活など様々な要因を1つ1つ見直し、食事や生活習慣を改善していくことも必要になってきます。セルフケアで根本的に治療をしていくという方法については、こちらのプログラムに詳細に書かれていますので、参考にしてみてください。


【GKP】逆流性食道炎改善プログラム~逆食対策の決定版!逆食の原因を根本的に改善する方法~※慢性胃炎・急性胃炎・十二指腸潰瘍・胃潰瘍にも対応
 

逆流性食道炎 トップへ戻る